Top | Log-out | Edit
中欧旅行記 プラハ城
f0112143_21513632.jpg

今回の旅ではこれまでになく行き当たりばったりというか、気ままに足の赴くままに動いていたので、
実はあまり観光名所には行ってません(笑)
そんな中で観光らしい場所といえば、やっぱりプラハ城!
ここは一応行ってきました~♪
なぜ一応なのかというと、ウロウロしすぎて中に入るのを忘れたり、
自分がどこを歩いているのか全く把握してなかったりして、
(なにせ行き当たりばったりだったので)
どうもちゃんと見たような、見てないような……ってな感じだったから(笑)
それでも写真の枚数が結構あるので、
今日はコメントは控え目にして以下プラハ城ぶらり巡り記の始まりです。





f0112143_21525814.jpg

そもそもがプラハ城にたどり着くまでが一苦労。
実は最初、カレル橋近くのネルドヴァ通りを黄金の小道と勘違いしてて、
危うく城から遠のいていくところだった(苦笑)
正しい道に出たかと思いきや、今度はこの長い階段に一瞬気が遠くなった(笑)

f0112143_21532071.jpg

でも階段の脇にはこんなかわいい窓があったりして素敵♪

f0112143_21534115.jpg

長い階段を歩くことしばし。
やっとこさ城の外壁が見えてきた!

f0112143_21543289.jpg

でもどこから入ればいいのかよく分からず、
しばらくグルグルと歩き回って、やっと広い場所へ。
なんか城らしい雰囲気になってきた♪

f0112143_215517.jpg

お城の入り口。
どこの国でも衛兵さんは直立不動。
でもこの衛兵さん、微妙に動いてたのよね~。
英国なんかではホントに微動だにしない感じだけど、このユルい感じがチェコらしい(笑)

f0112143_21552286.jpg

衛兵さんの上にあった彫刻がなんか怖いのよね~。
棍棒で打ち据えている構図ってのは、なんの意図があったのでしょう。
う~む。謎だ。

f0112143_2155408.jpg

衛兵さんの門を抜け、さらにこちらの門を抜けるとやっと王宮へ。

f0112143_21561211.jpg

とにかく広い!そしてどこが王宮だかちっとも分からない(笑)

f0112143_21562694.jpg

恐らくこれが王宮。もしかしたら国立美術館かも。
いや、全体を指して王宮って言うんだろうけど、
あまりお城っぽい雰囲気じゃないから、分かりにくいのよね~。

f0112143_2249944.jpg

こちらは聖ヴィート大聖堂。
プラハ市内で最大のゴシック様式の大聖堂なんだとか。

f0112143_2157545.jpg

お城の後ろにそびえ立つ大聖堂。
最大というだけあって、そのスケール感はすごい!

f0112143_21573066.jpg

こちらは大聖堂と繋がっているボヘミア官房。
繊細な作りはもちろん、装飾がまたすごかった。

f0112143_21575480.jpg

これってもしかして金箔?

f0112143_21581917.jpg

まるで浮き彫りにしたかのような絵。



f0112143_21585420.jpg

建物の裏側もまた凝った造り。

f0112143_21593159.jpg

こちらは聖イジー教会。
大聖堂と違ってこじんまりした感じが可愛い。
よそではあまり見られない色使いも新鮮!

f0112143_22049100.jpg

高台にあるプラハ城からは、プラハの街並みが一望できます。
登ってる時はかなり疲れたけど、この景色は一見の価値アリ!

f0112143_2211722.jpg

f0112143_2213143.jpg


f0112143_2223521.jpg

上の写真を撮ったところからすぐの場所に、
王宮庭園への入り口があったので入ってみることに。
んが、やたらと砂利が靴の中に入ってきて、痛くて歩けずすぐに挫折(苦笑)

f0112143_2224981.jpg

f0112143_2231185.jpg





でもまぁ、短い間にもチラリと写真を撮りました。
噴水の彫刻がまた微妙な感じなのよね。
このおじさんもやけに寸胴だし、
かなり小便小僧に近い構図もちょっと可笑しい(笑)。













f0112143_2233259.jpg

お城の裏側にはツタがビッシリ!
表と裏ではだいぶ雰囲気が違いますねー。

f0112143_2235255.jpg

ここが本当の黄金の小道。
手前の青い家はカフカの仕事場だったそう。
出発前まではすごく行きたいと思ってたところなんだけど、でもここ、入場するのにお金取るんだよ~。
(料金がチケットに含まれている)

f0112143_224670.jpg

元々衛兵の居住地だったり、カフカゆかりの場所だったりとなにかと由緒のあるわけだし、
こんな可愛らしいお店もあるんだけど、結局のところ今は土産屋の集まりなわけで、
そこに入るのにお金を取るってのはなんだかな~、ってちょっと興ざめ。
正直、ネルドヴァ通りの方がよっぽど楽しめた。

f0112143_224188.jpg

最後に見た廃墟のようなここは何だったんだろう。
地下牢みたいな雰囲気だから、ダリボルカかなー。


なんて、最後の最後まで何がなにやら分からず歩いてました(苦笑)。
いやー、チケット買った時に地図ももらったんだけど、
それ、何故かお城を空撮した写真が使われてるんだもん。
そんな上から見下ろすことなんてできないんだから、かえってわかりにくいっての。
日本のガイドブックの地図もちっとも役に立たないし、
早々に地図を見ることを放棄したらやたらと歩き回るハメになって、
帰る頃にはかなりぐったり疲れたけど、これもまたいい思い出です。
[PR]
by charumin | 2007-07-14 23:36 | 中欧旅行記
<< 中欧旅行記 プラハ ヴルタヴァ... TOP 中欧旅行記 プラハ ホテル編 >>



愛機PENTAX K10Dを片手に世界をてくてくお散歩♪

by charumin

☆ブログ総合案内窓口☆
チャルの素


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
ニューヨーク旅行記
中欧旅行記
ロサンゼルス出張記
上海おさんぽ旅行記
台湾食い倒れ旅行記
バンクーバー出張記
香港食い倒れ旅行記
北海道旅行記
台湾・カナダ強行軍の旅
旅支度
写真・カメラ
おさんぽ
ハンドメイド
daily
湘南グルメ
スキン編集
エンターテインメント
プロフィール
お知らせ
以前の記事
2011年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
more...
タグ
(43)
(37)
(34)
(29)
(24)
(22)
(19)
(19)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(10)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)
LINK
最新のトラックバック
ミステリーツアーより帰国..
from 旅行カバン
ミステリー・ツアー
from 旅行カバン
ロンカフェ
from ++ Another Mee..
オアシス-ペルー料理-
from ++ Another Mee..
埜庵
from ++ Another Mee..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

material by

photo material by

XML | ATOM
skin by charumin