Top | Log-out | Edit
中欧旅行記 ウィーン編 オットー・ワーグナーの建築
f0112143_16124215.jpg

19世紀末に起こった芸術運動、アールヌーヴォー。
ウィーンでは絵画ならクリムト、そして建築ではオットー・ワーグナーがその代名詞として名前を挙げられます。
ちなみにアールヌーヴォーはドイツ語圏ではユーゲントシュティールと言うらしい。(ガイドブックの受け売り)

100年以上前のものながら、未だ新鮮な想いを抱かせるアールヌーヴォー建築は、
フンデルトヴァッサーとはまた違った魅力で楽しませてくれました。
さすがにすべてを見て周ることはできなかったけど、
蚤の市も開催されるナッシュマルクトに行きがてら、オットー・ワーグナーの代表的な作品、
マジョリカハウスとメダイヨン・ハウスを見てきました。





f0112143_1613141.jpg

こちらがマジョリカハウス。
マジョリカ焼きのタイルでバラの花を描いているので、そう名づけられたそう。
1899年と100年以上経つ古い建物ながら、その愛らしさにはうっとりします。
しかもここ、集合住宅なので今も普通に人が住んでいるんですよ。いいな~。

f0112143_1711017.jpg

金細工の装飾が美しいメダイヨン・ハウス。
黄金に輝くメダルが眩しい!

f0112143_16131266.jpg

またこの白亜の建物が青空に映えるんですねー。
ゴージャスなのに品があるのが素晴らしいです。

f0112143_1613268.jpg

こちらの2軒の建物は隣接しています。
まったく雰囲気が違う建物なのに、隣り合っているのが自然に見える。
周囲の街並みにもしっかり溶け込んでいて、ついついここでの生活を想像してしまいます。

こんな素敵な建物があちこちにあるウィーンの人は幸せですねー。
しかもすぐ目の前には新鮮な生鮮食品が手に入る市場、ナッシュマルクトがあるんだもの。
ここに住む人がホントに羨ましい…(笑)

さて、ワーグナー建築にはもうひとつ、パビリオンという代表作もあります。
実はそのパビリオン、すぐ近くの地下鉄駅カールスプラッツにあるのですが、
カールスプラッツ駅を利用したにも関わらず、
蚤の市に向かう興奮で写真を撮るのをすっかり忘れていました(苦笑)
なんという片手落ち…。トホホ。
[PR]
by charumin | 2008-04-15 16:43 | 中欧旅行記
<< 中欧旅行記 ウィーン編 ナッシ... TOP 中欧旅行記 ウィーン編 フンデ... >>



愛機PENTAX K10Dを片手に世界をてくてくお散歩♪

by charumin

☆ブログ総合案内窓口☆
チャルの素


S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
ニューヨーク旅行記
中欧旅行記
ロサンゼルス出張記
上海おさんぽ旅行記
台湾食い倒れ旅行記
バンクーバー出張記
香港食い倒れ旅行記
北海道旅行記
台湾・カナダ強行軍の旅
旅支度
写真・カメラ
おさんぽ
ハンドメイド
daily
湘南グルメ
スキン編集
エンターテインメント
プロフィール
お知らせ
以前の記事
2011年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2009年 10月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
more...
タグ
(43)
(37)
(34)
(29)
(24)
(22)
(19)
(19)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)
(10)
(6)
(5)
(4)
(2)
(2)
(1)
(1)
LINK
最新のトラックバック
ミステリーツアーより帰国..
from 旅行カバン
ミステリー・ツアー
from 旅行カバン
ロンカフェ
from ++ Another Mee..
オアシス-ペルー料理-
from ++ Another Mee..
埜庵
from ++ Another Mee..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

material by

photo material by

XML | ATOM
skin by charumin